マレーシア旅行第三弾です。

こんにちは 病院通いが続いていて、なかなか続きが書けなくてすいません。第三弾はクワラルンプールから南のイポーいう町に行って来ました。錫の採掘で栄えた町で、ホワイトコーヒーの発祥の地でもあります。ホワイトコーヒーを飲んで見ましたが、練乳が入っているのか大変甘く、ベトナムコーヒーとよく似ています。日本でいう所のコーヒー牛乳みたいな味でした。私は美味しく頂きましたが、コーヒー好きには甘すぎる様です。南国は一般的に甘い物が多いですね。高速列車で一時間ほどかけて行きましたが、日本の電車と比較すると,イマイチの感じです。写真を見て頂くと解りますが、日本製ではありません。イポーの町は、錫で栄えた町だけあって、郵便局(左の写真)や、駅舎(中央の立派な建物)が立派です。田舎の町らしいのんびりした雰囲気で、旅をしているなと感じます。去年訪れたマラッカと似た所があります。洞窟を利用して建築した寺院など、観る物が多いです。

これは郊外に建てられた、貴族の別荘で、奥様の為に建てたのですが、奥様が亡くなってからは、空き家になっていて、お化けが出るという噂が立っている建物だそうです。

暑い中、丘の上まで登って疲れたしまいました。マレーシアもなかなか広いですね。

クワラルンプール市内に戻って、夕食を屋台通りに食べに行きました。肝心の食べ物は写真を撮り忘れました、と言うよりも、お腹が空いていて、写真まで気持ちが回りませんでした。旧正月の最終日で、最後の祝日を楽しもうと多くの人々が町に繰り出していました。飲みに行く友達と別れて、二人でタクシーを探しましたが、なかなか捕まらず、やっと捕まえたら、高い料金で交渉され、仕方なく承諾し、タクシーに乗ったら、五分位でホテルに着いてしまいました。私たちが日本語でもう着いたのかと話していたら、マレー人の運転手が「悪いね」と日本語で言ったので、私たちは思わず大笑いをしてしまい、高い料金を許してしまいました。楽しい五日間でした。以上報告でした。

最近、間隔が空いていて、申し訳なく思っています。新年度からはなるべく頑張りますのでよろしくお願いいたします。・・・・・・・・泉

マレーシア旅行第二弾です。

こんにちは マレーシア旅行第二弾です。今日のディナーは、グランドハイアットホテルの38階にある、サーティーエイトと言う人気のレストランです。ツインタワーも身近に観られ昼間から夜景への変化が刻々と変わっていくのが、素晴らしいです。マレーシアは日の入りが午後八時頃なので、食事を楽しみながら、夜景を堪能できます。私達の席の周りはカップルばかりでした。うらやましい!レストランに降りて行く階段が素晴らしく綺麗でしたので、思わずパチリでした。肉好きの私は、200グラムのステーキを美味しく頂きました。38階から見下ろす風景は、東京都ほとんど変わらない位です。ただ、公共交通機関が整備途中なので車の渋滞はほぼ日常茶飯事です。タイやベトナムもそうですが、公共交通機関の整備が、今後の発展の課題ではないかと感じます。排気ガスなどの、公害問題も、同様ではないかと感じます。マハティール首相は高齢ですが、シンガポールのリークワンユーと同様に、日本に学べと言っていますので、きっと良い国になっていくと感じます。リタイヤした日本人のセカンドライフの人気ナンバーワンはマレーシアだそうですので、期待できますね。

では、今回はこの辺で・・・・・・・・・泉

マレーシア旅行のご報告第一弾です。

こんにちは マレーシア旅行の第一弾です。病気を抱えながら、薬と血圧計をお供に行って参りました。高血圧の副作用と相談しながら、頑張って行って参りました。成田に前泊し、いざマレーシアへと、期待に胸を膨らめ、搭乗口に向かいましたが、案内放送で、搭乗が少し遅れる旨の案内があり、待つ事2時間、再び案内があり、食事券を配る旨の案内があり,千円の食事券を頂きました。その時点でも、出発の時刻は知らされず、最終的には午後三時半頃から登場が始まり、午後四時に成田を離陸できました遅延の詳しい説明は無く、遅れたお詫びお詫びのみで、予定の時刻から、六時間遅れの出発でした。クアラルンプールに着いたのは、現地時間の11時半頃で、ホテルに入ったのは、12時を回っていました。今回はちょっと心配になりましたが、翌日に備えてすぐに寝ました。右の写真は翌日の朝食です。相変わらずのオムレツですが、翌日から目玉焼きに変更しました。英語でフライドエックと言うそうです。やっと覚えました。旅行に行く度に、スピードラーニングをやろうかなと思いますが、帰ってくると忘れてしまいます。

 

二日目のゴルフ場です。フラットな良いゴルフ場でした。スコアは秘密です。

ゴルフ場のお昼御飯です。イスラムの国なので、豚はありません。鳥料理がメインになります。手羽先はだいたい美味しいです。ベトナムと少し似ています。ゴルフは基本スルーなので午後1時頃には終わり、お昼ご飯を食べて帰ります。帰ってシャワーで汗を流して、少し休んでから、夕食に出かけます。今年は夜景が抜群の所でディナーを満喫しました。その報告は次回に詳しくお話しさせて頂きます。

では今回はこの辺で・・・・・・・・泉

長のお休みを頂き申し訳ありません。

こんにちは 二月最後の日に雨になってしまいました。久々の本格的な雨で、大地が潤い、春の息吹を助長する雨になってほしいと思います。最近始まった花粉の鎮静化にはありがたい雨ではないかと思います。本当に時間を空けてしまい、申し訳なく思っています。二月も今日で終わりですが、二月は結構忙しく、マレーシア旅行があったり、虚空蔵山の大祭があったりしてあっという間に過ぎてしまいました。私の中では、虚空蔵さんのお祭りが春を感じさせる行事になります。もう一つ、映画のアカデミー賞が春を感じる基準の一つとなります。二月はバレンタインがあったりして、短い一か月でありながら、大きな行事が多くあり、大変です、などと言い訳をしております。加えて、ホンダの静岡県ミーティングなどがあり、私的な病院通いも重なって忙しい日々を過ごしました。マレーシア旅行は、まだ整理出来ていませんので、少しお待ちください。記憶が薄れる前にはご報告が出来ると思います。

今回話題にしたいのは、アカデミー賞の事です。アカデミー賞の授賞式は毎年観ていますが感動的なシーンが一杯で、アメリカの映画人がこの賞に対しての、尊厳や偉大さを感じます。今年は何故か司会者が不在でしたが、アメリカの映画人が、政府に対するブラックジョークが実に面白く的確であるのがたまりません。この根底には、第二次大戦後の俳優や、映画製作に関わった人たちへの共産主義者の排除、いわゆる赤狩り、レッドパージが基になっています。アメリカ議会に対しての意思表示なのです。いまでも色濃く残っている人種差別の問題や、移民の問題など、アメリカの今抱えている問題を、見事に映像化してくれます。それがハリウッドの大きな魅力の一つなのです。ハリウッドの映画を観ると、アメリカが今抱えている問題を映し出してくれます。トランプ大統領の女性差別の問題などに、女優陣は即座に反応を示しました。今年の作品賞のノミネートの中の「ローマ」などは、メキシコの移民の問題や、国境の壁の問題を見事に映し出しています。作品賞の「グリーンブック」は今なお存在する人種差別の問題を描いていますし、「ボヘミアンラプソディー」は同性愛の問題を描いています。なんと偶然にも「ボヘミアンラプソディー」はマレーシアからの帰りの飛行機の中で観る事が出来ました。字幕スーパーはありませんでしたが作品の感動は十分に伝わってきました。特にラストのコンサートの模様は、涙が止まりませんでした。他のノミネート作品で、これは何かでノミネートされるであろうと思った作品の中で「ある女流作家の罪と罰」も帰りの飛行機の中で、観てしまいました。この作品は主演女優賞と、助演男優賞にノミネートされていました。これも字幕スーパーがありませんでしたが、何となく理解出来ました。この作品は日本での公開は無いようです。とても惜しまれます。ボヘミアンは来週にも見に行きたいと思っています。とても楽しみにしています。アカデミー賞のもう一つの魅力は、受賞者のスピーチです。あの短い時間の中で、とても感動的なスピーチをしてくれます。俳優である事は理解しているのですが、それ以上の感動を与えてくれます。日本アカデミー賞も観ますが,あまり感動的なスピーチは聞く事がありません。日本人は慎み深い性分なのだと理解しています。アカデミー賞に登場する俳優や、関係者は表現力の豊かな方が多く、それが映画を面白くしたり、感動させてくれる原動力になっているのだと思います。私の洋画人生はジェリールイスの底抜けシリーズから始まって、ジョンウエインの西部劇、荒野の七人、アラモ、史上最大の作戦、ニューシネマパラダイス、未知との遭遇、ジェームスボンド、スターウォーズ、と続いています。これからも洋画を中心に観つづけて行きたいと思っています。ジェリールイスの映画は、親父と一緒に見た記憶があります。映画好きなのは、親父の影響が大きいと感じます。父親に感謝です。

なるべく早くマレーシア報告をまとめます。本日はこの辺で・・・・・・・泉

一年中で一番寒い時ですね。

こんにちは 今日は東京は雪みたいですね。去年は恒例の海外旅行で、雪に泣かされてました。宅急便がストップしてしまい、成田まで荷物を運ぶ羽目になりました。今年は15日の出発にしましたので、何とか雪は避けられそうです。15日前後に雪の降らない事を祈るばかりです。薬を服用してから、約一か月になりますが、副作用も何とか克服出来そうなので、旅行に出かける事にしました。薬と血圧計を持ちながら、気を付けて行って参ります。向こうは気温が上がる為、血圧は下がりますので、その点は安心をしています。毎年恒例と言いながら、行く前はインフルエンザ等に十分注意しながら、毎日を過ごしています。今回使用している薬は新陳代謝を遅らせる作用があるようで、身体の節々が痛くなります。身体を動かしてしまえば、問題は無いのですが、朝の起き掛けは、始動に時間が掛かります。しかし、自分としては薬が効いている感じがして、期待をしています。温かくなる頃には、結果が出ると思いますので、ご報告させていただきます。なんとか今年の桜は見れそうです。旅行の報告は次回出来そうなので、ご期待ください。弟の住んでいる北海道岩見沢では、雪も多く、気温も連日マイナス10度前後で厳しい冬を過ごしているようです。寒いとはいえ、雪の降らない静岡県中部地区は、本当に良い所だと感じます。2月23日は虚空蔵さんの大祭です。虚空蔵さんは、丑寅年の守り本尊で、私と奥さんは、毎年お参りに行って、新しいだるまを買って、お好み焼きを買って帰ります。これも清水家の年中行事の一つです。この頃、焼津の高草山に雪が降ると、地元の人は春が来るとの言い伝えがあります。今年も家内安全、商売繁盛、病気平癒、夫婦円満(これはご祈祷の項目にはありませんと言われました。)をお願いしてきます。昔は瀬戸川の橋の歩道がいっぱいになるほど、参拝客がいましたが、最近は参拝客が減少傾向にある様に感じます。少し寂しいですね。これから春に向かっての行事があり、とても楽しみです。二月が過ぎれば、すぐにひな祭りの準備です。忙しくなりますね。三月決算の締めもありますが春の到来を楽しみにしている今日この頃です。前向きに頑張っています。

それでは、今週はこのへんで・・・・・・・・泉